i + 86番目の日記蝶

白紙のページにどうして言葉は積もるのだろう。学習と自己表現と新しい生き方のための試行錯誤ノート。

読書について

水上拠点建造 下準備編

水上環境都市「ハイデマリー」の建造にあたって、本土からの輸送を楽にしようと、レール敷設用の足場を仮設しました。 第二拠点村の村長宅(仮)の裏に路面が通るような位置関係にたまたまなったため、折を見て村長宅も改築しようかなと思います。 村の中心か…

2015年9月の読書メーター

2015年9月の読書メーター読んだ本の数:8冊読んだページ数:2168ページナイス数:2ナイス脳と仮想 (新潮文庫)読了日:9月29日 著者:茂木健一郎禁断の市場 フラクタルでみるリスクとリターン読了日:9月27日 著者:ベノワ・B・マンデルブロ,リチャード・L・…

金融分野本、読書してます。

一冊読んで分野に明るくなるとは期待してません。 ですので、疎い状態からの導入には興味がもてるお話から、がっつり勉強に入るのでなくあくまで業界用語・聞き馴染みない単語に目を慣れさせる程度の意味合いで解説書をよく読むようにしています。 今回は、…

読書『「島時間」で暮らす本』、思い出しました。

そういえば2年前に読んだ本でいいのがありまして。 最近は速読・乱読続きで、本の一部の抜き書きをノートにしてないけど、当時は結構気に入った箇所を手書きで書き写していたのです。 なのでその時に使っていたノートを見返すと思わぬ形の宝探しのようで面…

脳を信じて、速読してみます。

今回は読書について、特に速読にまつわる記憶のお話です。 脳を信じる まず大前提として、「人間誰しも、脳はとてつもない能力を有している」と私は信じています。 記憶容量にしても情報処理能力にしても、普通に使うぶんには信頼に足る力があると信じていま…