i + 86番目の日記蝶

白紙のページにどうして言葉は積もるのだろう。学習と自己表現と新しい生き方のための試行錯誤ノート。

朝ブログ、主体的に攻めてみました。

朝の活動っていいですねー。

誰かに作業のじゃまをされない、っていうのはよく聞くしまあちょっと考えれば確かにその通りだな、って思うことなのですが、

じゃまが入らないという点では”誰か”だけではなくて、もっといろんなもの・ことから思考を中断されることがないんだ! と久々に早朝からブログを書いてみて気付きました。

 

このところ日中は室内でも暑くてまともに頭が回らないので参っているのですが、この早朝時間ならまだ涼しく快適に動けます。

さらにこの時間はいわば早起きによって予定外に生じたボーナス時間のようなものなので、ここで一日のタスクを割り込ませて消化しようと急くような昼間の心情にならずに、落ち着いた心で思考していられています。

 

時間の余裕からなのか、自分から先手を仕掛けている感覚に近いものを覚えます。

これは他者に感じるそれとはまた一味違う優越感があって良いですね。

 

先の言い訳にあるように、私は元来サボり気質なところがあるため、中身の部分にまで思考を働かせずに形式だけをこねまわして意味があるようにでっちあげたがる妙な癖があります。

そのくせそういったハリボテを並べることに意義だとか価値があるのだろうか、なんて独り悶々として縮こまるもんですから、自分でもしょーもねーとも思えてきます。

 

でそんな折に昨晩寝床で私のバイブルの一つを開いてさーっと速読しておりまして。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 ブログ運営ということに対する心構えとして、「第1の習慣:主体的である」から離れてるよなーと思いました。

そも記事を書くのにネタがどっかに転がってて自分のところへ都合よく飛んでこないかなーなんて思っている状態では、更新は計画的になんて進めるられませんよね。

 

たったそれだけのあたりまえなのに、今更ながらはっとさせられました。

 

そろそろ早朝勤の準備があるので、今回はこの辺で。